ASAKURAMAYUMI.COM

HOME | Gray hair

Gray hair

「グレイヘアって、かっこいい!」そんな価値観だってアリだと思う

 
自分の髪に初めて白髪を見つけたのは11歳。
10代の終わりから白髪を染め続けてきた私は、30代半ばごろからグレイヘア(白髪)で生きていきたいと考えるようになってきました。
 
だって、白髪染めをすると、地肌にしみて痛いんだもの。
染めた数日後、根元に光る白い部分を見つけたときに、ひどく落ち込むんだもの。
  
3週間に1度やってくる白髪染めの時間が、心の底から嫌でした。
害虫でも見つけたかのように眉間にしわを寄せながら白髪を塗りつぶす瞬間が、嫌で嫌でたまりませんでした。
 私にとって白髪染めは、何も悪いことをしていない自分自身を罰しているかのような時間だったのです。
 
白髪がコンプレックスすぎた私は、日本や世界の白髪事情をリサーチすることがライフワーク化していきました。
 

アメリカで「going gray」というムーブメントが起こりはじめたことを知ったのは、2000年ごろのこと。グレイ、あるいはグレイヘアという言葉は、英語で白髪という意味とともに、円熟したという意味もあることを知りました。
そして、そのムーブメントの中心となっていたサイトがまとめられる形で、2004年に『Going Gray,Looking Great!(白髪になると素敵に見える)』という書籍が出版されたのです。
 
このとき、私は確信しました。
「このムーブメントは、絶対に日本にもやってくる!」
 

グレイヘア

 
当時の日本は、Q&Aサイトの「白髪を染めない女性をどう思う?」というお題に対し、「あり得ない」「不潔」「女を捨てている」というアンサーばかりがついていた時代です。
 
その後、2010年の断捨離ブームや、近藤麻理恵さんの『人生がときめく片付けの魔法』ブーム、そして、私たちの生活を一変させた東日本大震災を経て、日本人の考え方は少しずつ変化していきました。
 
自分にとって大切な物とは? 本当に必要な習慣や行動とは? 自分はどのような生き方をしたいのか……?
こうしたことを、自分の頭で考え、自分で決めることが尊ばれるようになったのです。
 
例のQ&Aサイトの白髪女性に関するお題に対し、「白髪のままでもいい」「かえって潔い」といった前向きなコメントが付くようになったのも震災以降のことでした。
 
そんな流れを横目に見ながら、私は2016年に45歳を迎えたのを機に、グレイヘアに生まれ変わることを決めたのです。
 

朝倉真弓 白髪美人 グレイヘア グレイヘアリスト
 
ところが世の常識は、まだまだ「白髪=ズボラ」「白髪=マナー違反」という反応ばかりでした。
 

「40代で白髪頭なんて、みっともないよ」
「グレイヘアは仕事を辞めてからでいいんじゃない?」
 
こんな意見を、たくさん、たくさんいただきました。
 
そのたびに「おとなしく染めたほうがラクだな」と落ち込んだり、「でも、私は私だから!」と胸をはってみたり。
 
白髪育ての日々は、気持ちのアップダウンが激しいジェットコースターのような日々だったのです。
 
ようやく自分オリジナルの髪が伸びそろい、染毛部分をすべて切り落とすことができたのは、2017年7月のことでした。

 
朝倉真弓 白髪美人 グレイヘア グレイヘアリスト
 
 
すべてグレイヘアに生まれ変わった瞬間、風向きが変わってきたことを感じました。
 
「グレイヘアって、かっこいいね!」
「悪くない。そういうのもアリだと思う」
 
そんな声をいただくことが増えてきたのです。
 
グレイヘアに生まれ変わり、それ以前の自分の写真と見比べてみたとき、私は断然、今の自分のほうが好きだと感じました。
 
確かに、白髪頭だと実年齢以上に見えてしまうかもしれません。
でも、今の自分のほうが軽やかで、生き生きとしているように見えます。
髪が白に近い色であるというだけで、かえってオシャレの幅が広がる気がします。

もともと好きだったファッションやメイクが、もっと楽しく、工夫のし甲斐のあるものに変わりました。
 

 
 

「コンプレックス解消家」「グレイヘアリスト™」としてお伝えしたいこと 

 

私の場合、コンプレックスであった白髪を受け入れ、自分のチャームポイントだと思い始めたころから、人生が変わり始めました。
自分に自信が満ちて、自分のことを好きになれたのです。
良い意味での「ジコチュー(自己中心的な人)」になれた瞬間でした。

 
 本当は、若いうちから「ジコチュー」になれたほうが楽しいと思います。

でも、仕事上の制約や、家族の声を無視することもできず、気付けば人生の折り返し地点にまで来てしまったという人も多いことでしょう。
 
でも。だからこそ。
40代、50代から「人生の基準を他人の目にゆだねない生き方」を貫き、もうひと花咲かせたいと思いませんか?
 
私はコンプレックス解消家として、40代からもうひと花咲かせたいすべての人に、「心」「外見」「発信」の3軸で人生をスタイリングし、成功へと導きます。
 
コンプレックスをどう乗り越えて武器にしていけば良いか、自分の本当にしたいことと強みをどうかけ合わせれば良いかなどをお話することができます。
 
 

▼主な講演テーマ▼
・引け目を強みに! 自分を売り出す方法
・価値観多様化社会の活かしかた
・人生100年時代、後半戦に必要な「距離感」とは?
・人生の基準を他人の目にゆだねない生き方
 

 
もちろんグレイヘアの当事者として、白髪染めを止めて感じるメリット・デメリットや、似合うファッション、似合わないファッションなどをお話することもできます。
 理美容業界がグレイヘアに関してどう考え、どう対処しようとしているかなどもお話することができます。

 
 
取材や講演のご依頼、お待ちしております!
 
 
グレイヘアリスト™ 朝倉真弓のブログ
「40代女性 白髪染めをやめて、かっこいい白髪を目指す!」
こちらをクリック!↓
 
amebloameblo